リフォーム事例:訪問着

訪問着のリフォーム事例をご紹介します。

亡くなった母のきものを・・・。 横浜 H・M様

【ご要望】亡くなった母の着物を色目を変えずにきれいに染め直して、
娘の卒業式に私が着用したいです。
黒いカビみたいなものが点々とあります。
可能でしょうか。

*お仕事のご都合に合わせてご来社頂きご相談させて頂きました。
お着物を拝見したところ、柄行から、元々お振袖だったものを
少し色をかけ、娘さん用の訪問着にお仕立てされたもののように思われました。
おきもののことをよくご存知のお母さまだったことが、
おきものを通して感じられました。

亡くなった母のきものを・・・。 横浜 H・M様 B
亡くなった母のきものを・・・。 横浜 H・M様 A

今の自分に合うきものに。 東京 I・A様

【ご要望】
自分がこれまでに沢山着た絽の附下、伯母から譲られた絽の小紋(小紋コーナーに掲載)、これらを、今から先に楽しめるものにしたいです。

*ご来社いただき、ご相談の上、お色や加工内容を決めさせていただきました。

*また、お染め替え以外に、たまたま弊社に展示してありました訪問着、
「お染め替え相談中、実はそれが気になって仕方なかったんです・・」と。
さらに、それに合う帯を後日お見立て・・・。
I様のもとにお嫁入りさせていただきました。

板谷明子様 絽付下B
板谷明子様 絽附下A

お祝い事など、更にこれから楽しめるように。 群馬 S・E様

【ご要望】
機会があればいつも、きものを着ています。
これから、まずは、友人の結婚式、そして子供の入卒など、
持ち合わせてない色で、さらに楽しめる着物にしたいです。

*春休み、お楽しみ旅行を兼ねて、お母さま、そして7歳の息子さんと
ご来社いただきました。
まだ、お若いながら、おきものの好みをしっかりお持ちでしたので、
迷われることなく、ご相談もスムーズに進みました。
また、後日予定になかった葉の部分のお色替えなども、
メールとお写真で、ご相談の上させて頂きました。

*地色替えはぼかし染めにしたことで、
渋い地色ですが、柔らかみを兼ね備えたおきものになりました。

島田笑菜様 B
島田笑菜様 A

シミが広範囲に何か所もある、亡き母のきものを。 東京 O・M様

【ご要望】
和裁のできる母で、きっと自分でリフォームするつもりだったのでしょう、
和箪笥ではないところにあり、保管状状態も悪かったため、
シミ等がひどくなったと、思われます。
また、菊の柄ですが、季節を問わないものにできませんか・・・。
京都に滞在予定がありますので、お時間が合えば、
お伺いしてご相談したいと思います。

訪問着

*菊は季節をそれほど気にされなくても良い模様ですし大丈夫です。

*元の袖の柄位置を変えました。
なぜか、元より模様が身頃と繋がっておらず、
どうしたものかと悩みましたが、メインの左側にもっていきました。

太原美智子様 訪紋着B
大原美智子様A

加賀友禅を染め直し。 香川 T・K 様

【ご要望】

昨年は小紋と訪問着をきれいに仕上げていただきまして
ありがとうございました。
今回は付け下げを、同封しました本の皇后様のお召しのお色に
近い色でお願いします。

*京都生まれのおきものに限らず、私共でできることであれば何なりと・・・。
冊子をお送り頂いておりましたので、その雰囲気の色見本をご用意し、
お選び頂きました。
上品なブルーグレー、元よりも濃いお色でお花が更に綺麗に浮かび上がりました。

 

20180530_9b
20180530_9a

単衣訪問着の汚れおとしと、気になる部分の色を変えたい。(おしどり模様) 京都 Y・K 様

【ご要望】

*模様のおしどりのお色がお気に召してないとのことで、
できるだけおしどりのはっきりした可愛い雰囲気を残しつつ、
先長くお召しいただける落ち着いたお色に仕上げました。
また、丸洗いではいわゆるドライクリーニングですので、汗は落とせません。
そこで、気になっておられる汗じみの部分は「汗抜き」をさせていただきました。

20180530_7b
20180530_7a

地色をどうにかしてこれから着用できるようなものにしたい。 京都 Y・K 様

*昔の鮮やかなお色のお着物が、シックな雰囲気のおきものになりました。

元の地の模様が素敵に作用し、とても奥深い雰囲気をかもしだしました。
南天の赤い実の色も地色に合わせて変化させ、金糸目で品のある華やかさを添えました。

華道をされてらっしゃるY様・・・
これまで沢山、弊社のお染め替えをご利用いただいております。
素晴らしい華展で、私共の手掛けたおきものが
Y様と共にお召しいただき、参加させていただけること、大変光栄に思います。

 

20180530_8b
20180530_8a

これからお祝い事を迎える娘用の訪問着に。 東京 M・R様

【ご要望】

シミ汚れが多いきものですが、母となった娘用に、できれば淡いお色に染め替えたい。
3月3日の初節句に着たいそうです。間に合いますか!?
*12月下旬にご連絡いただきました。
前年に、留袖の染め替えをさせていただいたと同時に、
丸帯を袋帯と草履バッグに加工し直しさせていただいたり、
白襦袢もお作りさせて頂いておりましたので、
迅速にお送りいただき、ご相談できました。

お色は淡い色をご希望でしたので、シミ汚れ跡がわかりにくくなるギリギリの濃さに。
かなりのシミ汚れがあり、どうしても直らない部分には、
無理のないように、小さな模様を描き足しました。
そして、地色が華やかになった分、
模様の濃いオレンジ色のトーンを抑えました。
これから、少しでも長くお召しいただけますよう・・・。

20180315_3b
20180315_3a

年齢にあわせた素敵な色合いにしたい。 東京 M・R様

【ご要望】

表題のとおり。

20180315_2b
20180315_2a

茶道をしています。年齢にあった色に染め直しを。 福岡 J・S様

【ご要望】

若い時に作ったものです。
お茶会の機会も増え、新しい着物をとも考えましたが、
もう一度染め替えを考えてみようかと思います。

ピンク地は全体が絞りを伸ばしたようなでこぼこのある生地ですが、
染め替えができるのでしょうか?

仰る通り、模様の花が華やかすぎる気がいたします。
私が心配だったのも模様の部分でした。
若い時は、はっきりした色付けの可愛さが好きで購入いたしましたが、
年齢とともにしっくりいかないように思えてきたので、
長い間、着用しておりませんでした。
できればやさしい色でひぅそりと咲いている花のような模様になればうれしいです。
渋くしていただき、ピンクは抑えて・・・の意見に賛成いたします。

グレー地の方は金箔が派手かなと思っています。

20180207_10b2
20180207_10a2