オフィシャルブログ│吉江染工場

オフィシャルブログ

きものづくりの第一歩

 

image1 (00A)

 

弊社は型染め主体の染屋です。

社内には、一万以上の染めに使う模様の型がございます。

その中から、ご依頼いただく問屋さんや個人のお客様に、

ご希望にあったものをご提案させていただいております。

一枚のおきもの作成に使う型は、染める色数や模様の複雑さにより、

加工の少ない小紋から多く使う振袖までですと、

型枚数は1枚から200枚までと多種多様です。

また、型をそのまま使わず、

必要な部分だけ使ったり、違う型を組み合わせたりすることも致します。

勿論、同じ型を用いても、使用する生地の違いや、配色により、

雰囲気は全く違うものになります。

生地・型・配色・さまざまな染色技法・箔・胡粉加工・刺繍など、

全行程それぞれの効果を考えて最初に計画いたします。

また、これらを実際に形にしてくれる様々な職人の、

技術や個性もきっちり把握し、生かすことも大切です。

こうした繊細な手仕事のすばらしさを、

一人でも多くの方に届けたいと、

「ものづくりの仕事は、ホント面白いんだけどな~」と、

沢山の絵刷りを前に、日々頑張っております。

 

 

 

 

 

子供たちの笑顔を願って・・・

染額5-A

 

子供たちは私たちの希望そのもの。

あらゆる可能性をもち、

生きていく喜びと勇気に気づかせてくれます。

今世界には多くの子供たちが、飢えや痛み、恐怖や悲しみの中にいます。

どうぞ、どの子にも穏やかな日常と、

そして輝く夢に向かうことができる力が与えられますように・・・。

子供たちの笑顔があるところに、幸せはあるのですから。

 

弊社では、季節の何気ない情景に、

ふとした幸せを感じていただけたらと、

友禅染めを生かした「季節の染め額」を製作しました。

ちょっとしたスペースの玄関やリビングに

また、お若い方にも気軽に飾っていただけるものを考えております。

まだ、3月と5月のお節句飾りのみですが、

今後、1年を通して入れ替えしていただけるようにと、

少しづつ図案を考えております。

 

既にこの鯉のぼりの染め飾りは、

お孫様やひ孫さまへの初節句のお祝いにと

ご注文をいただき、大変喜んでいただきました。

(30㎝×39cm ¥27500-)

また、もう少し華やかさをプラスした額にお入れしたものもございます。
毎日の暮らしにちょっとした幸せを添える・・・

友禅の手仕事でお手伝いできたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

競技会を終えて・・・

 

第73回京友禅競技会を終え、

2位である経済産業省製造産業局長賞をはじめ、4つの賞を頂きました。

昔から積み重ねられた伝統技術と、

新しいものも柔軟にとりいれたさまざまな表現方法で、

楽しんでお召しいただけるものを生み出そうとしている

職人の息遣いを

より多くの方々に感じていただけたのではと思います。

お茶のお稽古の帰りに、弊社染め替えのおきものでお越し頂いたお客様から、

きものの展示会なるものに、どきどきしながら初めて足を運んでいただいた方まで・・

お忙しい中ご来場いただき本当にありがとうございました。

嬉しいお力をいただき、

また精進してまいりたいと思います。

 

R4競技会1 - コピー R4競技会5 - コピー R4競技会2 - コピー

R4競技会3 - コピー

 

 

春を待つ競技会へ・・・

競技会R4ポスター

今年も競技会が 行われます。

どの染め屋さんも、今どんなものが求められているか、

常に頭の片隅で考えております。

積み重ねられてきた技術を、

どんな色彩、デザインに載せて、魅力あるものにするか・・・。

 

きもの制作を支える現場では、

コロナの影響で、これまでのテンポでお仕事が出来ておりません。

弊社のお客さまにも、

大変申し訳ないことに、お待ち頂いております。

世界中、大変な状況が続いておりますが、

さまざまに染め上げましたきものと帯をご覧いただき、

少しでも心に春をお迎えいただけたら幸いです。

【一般公開】

3月8日(火) 13時半~17時
9日(水) 9時~16時

京都産業会館ホール

 

年の瀬に向かって・・・

丑年ももうあとわずかとなりました。

コロナが少し落ち着き始めた今、

やっと大切な人と会えるという方も多いのでは・・・。

このお正月におきものをお召しになることを

楽しみにされてるお客様、

来年に向けてのご準備で

ご相談にお越し頂くお客様、

お孫さまへのお祝いに、

お節句飾りをご希望頂いてるお客様・・・

少しづつ、楽しめることも戻りつつあるようです。

弊社職人とスタッフは、今、

皆が少しづつ自分の可能性を広げるよう

努力の毎日です。

物を作る事の厳しさと豊かさがそこにはあります。

 

12月29日~1月3日は、お休みをいただきます

 

お染替えのお問い合わせには、

休み明けのお返事となりますが、

何卒宜しくお願い申し上げます。

来年もお着物を通して、

お客様に素敵な時間をお届けできますように、

頑張りたいと思います。

どうぞ、健やかで心温かな年をお迎えくださいませ!

 

*お休みの職人の代わりに色合わせ中の社長・・・です。

ブログ写真2 ブログ写真1

 

 

 

 

この秋は・・・

 

毎年、年に一度の催事として、

「年一展(といちてん)」でお客様をお迎えしておりますが、

今年は、見通しがつかない夏、悩みながらの準備期を過ぎ、

残念ですが、見合わせさせて頂くことになりました。

しかしながら、ご要望・ご相談には変わらず、

お電話やメール、 また、ご予約によるご来社をお受けさせて頂いております。

現在、お宮参りや十三詣りご予定の方をはじめ、

ご結婚式や成人式を楽しみにされている親御様など、

お誂えやお染替えのご予約をいただいております。

なかなか、楽しみに遠のいてる日常でも、

人生においての節目や心のステップとなることは、

変わらず大切にされてることに、

心和み、元気をいただいております。

華やかなおきものをご覧頂き、ときめく時間をお過ごしいただきたい!

そんな年一展に、来年はお迎えできますことを楽しみにしております。

社長はじめ、職人一同、

毎日変わらず染めと向き合い、

お客様の心を揺さぶる、染め色やデザインをお届けし、

お客様から素敵な笑顔を頂戴できますよう、精進しております。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

(弊社訪問着 秋桜より・・・)

秋桜訪問着

嬉しい結果!

 

image0-1

 

3月8日、京都経済センターにおける競技会の審査において、

この会の最高峰である経済産業大臣賞をいただきました。

ずっと社長の心に温められていたものを、

型に起こし、やっと1年越しに染め上げたものです。

シャープで繊細な線の動きと、

柔らかなぼかしを全体にあしらって

大胆かつ優しいきものに仕上げました。

お召し頂く方の個性や美しさを、

より表現していただける1枚になりました。

手描き染めは絵羽にした白生地に描いていきますが、

型染めは全体の流れと繋がり、染め色数などの加工内容を全て考え、

計算尽された上での型制作をいたします。

きものによってその必要な枚数も異なります。

会場で、この型はどのように組まれてるのか、

大勢の染め仲間からも不思議に思われ、尋ねられたそうです。

また、お客様のお一人から、

「豪華絢爛な着物を予想していたので、

正直意表をつかれました。

でも、グレーの濃淡だけで、次々と寄せてくる波が見事に描かれていて、

吸い込まれそうな感じがして見入ってしまいました・・・。」

と、大変有難い感想もいただきました。

この賞をいただくのは2度目です。

こつこつ誠実に、向きあっていることへのご褒美だと、

大変嬉しく、また頑張れる力をいただけました。

お忙しい中、ご来場いただきました皆様、

本当にありがとうございました。

 

第72回 競技大会へのご案内

IMG_7686

 

第72回京友禅競技大会が始まります。

本年は、より多くの方々にお越し頂きたく、

四条烏丸からすぐ近くの京都経済センターでの開催となりました。

お買い物などのついでに、お気軽にお立ち寄りいただけたらと願っております。

女性の心に美しく響くきもの作成に、組合員がその技術とセンスを競い合います。

コロナ禍の変らぬ状況ですが、

今の職人が染め上げました、さまざまなきものたちがお迎えしております。

どうぞ、心和ませるひと時をゆっくりとお過ごしいただけましたら幸いです。

一般公開
日時: 3月9日(火) 13時半~17時

3月10日(水)   9時~16時

場所: 京都経済センタ―2階

 

七歳のお祝い…♡

 

 

DATA002メールM-1

 

 

メール用1

 

明けましておめでとうございます。

この新年のスタートに、大変嬉しいメールを頂戴いたしました。

ありがとうございます!

とっても愛らしいお着物姿!!!!!!

お孫さまの七歳のお祝い着にと、お染め替えをさせていただきました。

通常のお祝い着と舞妓姿にもできるようにと、

おばあさまからの愛情いっぱいの贈り物。

本当に素敵です!!!

こちらも幸せな気持ちをいただきました。

 

こうしたあたたかなご家族の絆や、

友達とのつながり、

さまざまなご縁が繋がって、

心まーるく、逞しく・・・

おきものを通して、

幸せのお手伝いができましたら嬉しいです。

 

どうぞ皆さま、

良い一年になりますように・・・。

 

 

 

 

こんなことがあるなんて!

 

 

IMG_7644

 

今年もあとわずかになりました。

コロナで会いたい人にも会えない日々。

近くに出かけても、マスクをしているから、

お顔がわかりづらく、挨拶もしにくい・・・。

まっいいか・・・なんて思うことが続くと、

やっぱり寂しくなります。

人とのつながりで、生かされていると改めて感じます。

「つながり」と言えば、秋にお見えになったお客様。

染帯をお持ちになりました。

「とっても大好きな帯なんです。

この色合いがとても気に入っていて・・・。

かなり使ったものですが、もう自分には派手になってしまって。

でも、たれの色を渋くしたらもう少し使えるかなと思って・・・」と。

うちの染めに雰囲気似てるな・・・と思いつつ、

お客様にこれだけ想われてるなんて、

本当に幸せなこと・・と思っておりました。

ご相談も終わり、お客様がお帰りになられた後、

昔からいる番頭さんが、それはうちの帯だと思う!と。

探してみると、絵刷りなども出てきました。

弊社で作ったものが、こんなに愛されて、

また、再生のために戻ってきたなんて!

お客様から大きな元気をいただきました。

嬉しいご縁に感謝して、また頑張れます。

どうぞ皆さま、お元気で、良いお年をお迎えくださいませ。