染め替え事例:振袖

振袖の染め替え事例をご紹介します。

ピンクの振袖を娘たち好みの色へ・・・    奈良 W・S様

【ご要望】

成人式を迎える娘が、
母の振袖の地色を変えて着たいと言ってくれます。

濃紅~えんじ色に染め直したいと思っています。

W・S様 BEFORE
W・S様 AFTER

小柄な娘に似合うように・・・   埼玉 I・Y様

【ご要望】

地色を変え、柄を足し、今よりも可憐な感じにしたいと考えています。
どんな色が良いのか、着物について、全くわからないので、
アドバイス頂けたら幸いです。

小柄な娘に似合うように・・・埼玉I・Y様 ビフォー
小柄な娘に似合うように・・・埼玉I・Y様 アフター

変色した振袖を娘が着れるように・・・   岐阜 K・Y様

【ご要望】

私の振袖を娘の成人式に着せたいと思い、
タンスの中から出してみたら大変残念なことに色が変色していました。
それもひどい状態でした。
当時でもずい分高価なものだったと記憶しております。
友達のほとんどは何十年も前の着物でも
ほぼ昔と変らない状態で自分の娘に着せている姿を見て、
どうして私の着物だけが・・・と、悲しくてなりません。
染直しが可能か見て頂きたいと思います。

 

変色した振袖を娘が着れるように・・・   岐阜 K・Y様
変色した振袖を娘が着れるように・・・   岐阜 K・Y様-a

自分の振袖を娘に・・・。  大阪 N・M様

【ご要望】

時代の流行りなどもあり、濃いめの色で、
娘の肌色に似合う色に染め直したい。
金がべったり貼られてる感じが好きではありません。
何かご提案頂けたらと思います。
娘、そして孫娘へと、
父が買ってくれた振袖を受け継いでいけたらと思います。

*地色をご希望の濃い深めの緑色に。
一番気になられてる雲どりは、
ベージュをグレーに、薄ピンクを濃いめにすることで、
中の小紋箔の模様をより引き出し、
奥行きと華やかさのあるものにしました。
また、枝垂桜にも刺繍を加えて、
さらに深みのある愛らしいおきものに仕上げました。

自分の振袖を娘に・・・  大阪 N・M 様_b
自分の振袖を娘に・・・  大阪 N・M 様_a

地色を朱色からあずき色のような深いボルドーに・・・。   神戸 H・A 様

H・A 様-b1
H・A 様-a1

総絞りの振袖を訪問着に・・・。 京都 S・Y様

【ご要望】
成人の時に父に買ってもらった総絞りの着物です。
今の私が着るには、柄が今風でもないし、
派手なのかなとも思っています。
子供の入学式や卒業式などなど、
行事に着ていきたいと思っております。
歳をとっても、着れるようにしたいです。
また、リメイクによる絞りの風合いが、
どうなるのか気になります。

*元の白黒による晴れやかなコントラストを
抑えるようにしました。
他のお色を入れていくことも可能でしたが、
御希望から、長く、
そして、帯や小物でバリエーション豊かに
楽しんでいただけるように致しました。

これから、ご卒園、ご入学式・・・と
お子様の成長に伴い、共にこのおきものと素敵な時間を
お過ごしになることを願っております。

*絞りはどうしても加工により伸びてしまいます。
加工後にシボ戻しをして、多少は元に戻ります。
また、お仕立て時に伸びを防ぐために、
薄い布を裏に当てます。

京都 S・Y様-b1
京都 S・Y様-a1

絞りの振袖を娘の好みに・・・。 大阪 I・K様

【ご要望】

絞りの振袖ですが、娘の好みの色にしたいのですが、
できるでしょうか?

絞りの振袖を娘の好みに・・・。 大阪 I・K様b
絞りの振袖を娘の好みに・・・。 大阪 I・K様a

絞りの加工によるシミらしいのですが・・・。 東京 Y・A様

【ご要望】

母が買ってくれた着物です。
絞りの加工によるシミだと言われましたが、娘の大学の卒業式に
着せられるようにできたらと思います。

*絞りに沿って茶色のシミ汚れが全体にありました。
「桶絞り」と申しまして木桶に入れて蓋ではさんで染める方法があり、
そのはさんだところの木のアクが残ってしまったものが、
経年によりしみになったものだと思われました。
まずは、シミ落としとして試しましたが、
どうしても十分にシミ落としができませんでした。
結果、これがわからないようなお色に染めることにしました。
染め上がり後、絞りの感じをより残すために、
手差しを加えて表現致しました。

絞りの加工によるシミらしいのですが・・・。 東京 Y・A様b
絞りの加工によるシミらしいのですが・・・。 東京 Y・A様a

十三詣り用きものへ・・・。福井県  T・M様

【ご要望】

お祖母さまの振袖をお孫さんの十三詣り用のお祝い着にされたいと、
お嬢様、お母様、お祖母様、3世代揃ってご来社いただきました。

ご本人様のご希望のお色である紫色を配した、赤色のおきものにすることに決定。
また、年月の経ったおきものですので、
刺繍を直したり、柄足し、銀糸目描きなどで、
より美しいお祝いのおきものに仕上げました。

また、このおきものに加え、先の成人式にも使えるように、
後日、お襦袢もご用意させていただきました。
お母様がお選びになられた刺繍衿をお送り頂きお付けいたしました。
(生地・お仕立て税込み¥61,560-)

T.M様 B
T.M様A

次女の成人式・・・地色を変えて着てもらいたい。 東京 Y・E様

【ご要望】

祖母と母が私の成人式のお祝いにと見立てて購入してくれた振袖です。
地色を緑か青っぽい色に変えたい。
細かいシミや黄ばみがあるので、綺麗にしていただきたい。
背が高く手足の長い娘用に仕立て直ししていただきたい。
金も剥げて全体的に色褪せているので華やかにできたらいいなと考えております。

Y・E_B
Y・E_A