留袖

色褪せてしまった地色の染め直しを・・・。神奈川  Y・K様

【ご要望】

お嫁入りの解きに母が仕立てた黒留袖です。
2回丸洗いしたら、色褪せてしまいました。
模様はそのまま、地色だけ染め直しをお願いしたいです。

BEFORE
山口香織様 B
AFTER
山口香織様 A
コメント

【お客様の声】

確認させていただきました。
前身頃と袖の色の差が少なくなって、ほっといたしました。
娘の結婚式には、お兄ちゃんの結婚式と同じ、
母がしつらえてくれた留袖で出席できます。
本当にありがとうございました。
ご縁に感謝しています。
どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

【加工内容】

解きハ縫い洗いのし→紋伏せの直し→柄伏せ→糊置き→染め→蒸し・水洗→地直し→金加工→お仕立て(胴裏新しく、比翼再利用)

拝見しますと、紋の周りに輪じみがあり、
紋の中も乱れており、描き直しが必要でした。
また、金糸目や金加工もかなりとれてしまっていましたので、
これも直すことをご提案させていただきました。
また、完成後、お送りし見て頂きましたところ、
袖と身の色の微妙な差が気になられました。
生地目の向きの違いによるものでしょうが、
できる限り気にならないように、はきあわせをして再度お送りさせていただきました。
お召しになられる方が、心弾むおきものでなくては・・・と思っております。

【参考加工代】

税込み¥198,828―(税込)