お母さんの着物を染め直し

京都で学生生活を送っているので・・・。

作業工程

解き洗いのし→パールトンはずし→柄伏せ①→色抜き→柄伏せ②→引き染め→蒸し・水洗→模様部分地色替え→箔加工
→金糸目描き→地直し→お仕立て
合計¥215,568-(税込み)

華やぎのある振袖に生まれ変わってくれたら・・・。

作業工程

解き洗いのし→シミ汚れ落とし→柄伏せ→染め→蒸し・水洗→地直し→刺繍→箔加工(銀糸目)→お仕立て(胴裏新しく)
合計¥234,468-(税込み)

上記ほか、長襦袢・袋帯・帯締め・帯揚げ・刺繍衿・重ね衿もお求めいただきました。

シミがたくさんあるので、しみ抜きが無理なら・・・。

作業工程

解き洗いのし→シミ汚れ落とし→柄伏せ→糊置き→染め→蒸し・水洗→地直し→お仕立て(胴裏を新しく)
合計¥171,288-(税込み)

上記ほか、伊達衿をお求めいただき、お襦袢の解き洗いお仕立て、袋帯の洗いお仕立てもご利用いただきました。

娘用に色を替えたい・・・。

作業工程

解き洗いのし→パールトン外し→柄伏せ・色抜き(2回)→蒸し・水洗→地直し→刺繍→お仕立て
合計¥205,308-(税込み)

上記ほか、お襦袢・刺繍衿・帯揚げ・帯締め・伊達衿をお求め頂きました。

地色を濃い振袖に、寸法も本人に合わしたい・・・。

作業工程

解き洗いのし→柄伏せ→ぼかし染め→蒸し・水洗→刺繍→地直し・筋消し→お仕立て
合計¥177,768-(税込み)

このほか、お嬢様の寸法に合わせるため、お襦袢も解き洗いのしをされ、
お仕立て直しをされました。
また、袋帯・帯締め・帯揚げ・草履バッグ・刺繍衿・重ね衿も、お見立てさせていただきました。

二十歳前に、ご自分でお求めになられたお振袖とのこと。
その時の記念写真も拝見しましたが、とても美しいお姿・・・。
そんな凛としたお母さまの姿を、おきものを通して是非、お嬢様に伝えたい、そういう思いでお手伝いさせて頂きました。

その後、お嬢様がお一人で京都旅行を兼ねて、お礼に訪れて下さいました。
加工前から、お母さまから楽しいメールやお写真で
ご様子を頂いておりましたので、初めてお会いしたにも関わらず、ああ、素敵で立派な娘さんになられたな・・・と、何より嬉しいことでした。
素敵な夢が叶うよう応援しています!

シミがある白地の振袖、諦めなければならない?

作業工程

解き洗いのし→シミ汚れ落とし→柄伏せ→染め→蒸し・水洗→刺繍→お仕立て
合計¥133,488-(税込み)

上記ほか、お襦袢丸洗い・袋帯・帯あげ・帯締め・重ね衿・お草履もお求め頂きました。

竹色から濃い色に替えたい・・・。

作業工程

解き洗いのし→柄伏せ→糊置き→染め→蒸し・水洗→箔加工→地直し→お仕立て
合計¥206,928-(税込み)

*上記他、お襦袢2枚の丸洗いもさせていただきました・・・。

娘がこれから10年先まで着られる色の道行に。又、裄も2~3センチ出したい。

作業工程

解き洗いのし→染め→ぼかし染め→蒸し・水洗→お仕立て(肩裏ご用意)

合計¥73,548-(税込み)

30年前の着物をお嫁さんに・・・

作業工程

解き洗いのし→しみ直し→柄伏せ→引き染め→蒸し・水染①→手挿し→蒸し水洗②→金糸目描き
→お仕立て(胴裏生地新しく)

合計¥169,776-(税込み)

汚れがひどく、タペストリーにでもするしかないかと・・・

作業工程

解き洗いのし→汚れ落とし→柄伏せ染替→八掛色抜き・ぼかし染め→蒸し・水洗→ぼかし箔加工
→お仕立て(胴裏生地新しく) 

合計¥166,633-(税込み)

*どうしても残るシミと生地の傷みのひどい部分は箔のかすみを施しました。

1 2 3