オフィシャルブログ│吉江染工場

オフィシャルブログ

摺り疋田の技

これに用いる型は三枚。
一見単純に見える絞り染の疋田の形ですが、
型職人によって、三枚を重ねて染めると
味わいのある出来上がりになるよう、細密に考えられて彫られています。
超ベテラン職人しかできない仕事です。

そして、染職人もまた同じ。
染料を刷毛に含ませる加減が難しく、泣かない(にじまない)ように
摺り込みながら模様を染め上げていきます。
細かい柄ですので、泣いてしまうと模様がつぶれてしまいます。
また、型紙は使っている間に伸び縮みしますので、霧を吹いたりして
型の調整をしないと三枚が綺麗に合わなくなります。
この染めのあと、よりはっきりした柄行きになるように縁の部分で
必要なところを筆で染め上げる、いわゆる「疋田つぶし」をします。

まさに、すばらしい長年の勘と技術の重なりあいですね。

この摺り疋田は、絞りとは異なった軽快な感じが好まれています。
ちなみに、写真のきものは、 ある有名な噺家さんのおきものになるそうです。

摺り疋田

 摺り疋田とは、鹿の子絞りのような模様を
   型を重ねて染め上げる技術です。
  今日はその染めの前の大切な準備。
 まずは、この摺り疋田を染めないところを
 新聞紙とテープですべて隠していきます。
 いやはや、これもなかなか手間のかかるお仕事です。
 この準備をすることで、よりスムーズに染めができるのです。
 さて、この続きは次回に・・・。
 

可愛いお弟子さん

 6日~8日は中学生のチャレンジ体験。
 職人さんの仕事の補助といっても限られたことしかできません。
 そこで、一人一人、一枚の額縁の絵を染めあげることにも挑戦です。

 お雛様の型を絵摺りし、配色を考え、糊を置き、作ってもらった染料
 でハケを使い、染めていきます。

 折角、頑張った作品ですが、どうしても職人さんのOKがでません。
 「吉江染工としては、これはアカン!」  がっくりした顔の中学生に、
 「すぐにできたら、わしらが困るわ~」 と、にんまり顔。

 自分の名前のイニシャルは自分で型を彫り染めました。
 蒸し・整理してできあがるのが楽しみです。

 きっと仕事の厳しさをちょっぴり体験できたことでしょう。
 師匠と弟子、おじいちゃんと孫、
 そんな温かくて楽しい三日間でした。

おまかせはドキドキ・わくわく

今日は、白生地からお選び頂き、ご希望の色に染め上げたお着物の納品日。それに合う、帯・帯揚げ・帯締めも一緒にお持ちしました。
お客さまの雰囲気に合う、素敵なコーディネートをめざします。
お任せは、責任重大ですが、素敵!と気に入って頂けて、嬉しさひとしおでした。
やったー!!

中学生チャレンジ

毎年、中学校の社会体験学習の職場として、
弊社も受け入れさせていただいてます。
今日は、その事前訪問の日。
元気で笑顔いっぱいの二人の女の子が来てくれました。
いつもは、していないであろう丁寧な挨拶や言葉遣い 靴の脱ぎ方揃えかた。
こちらも、その一つ一つに緊張しながらの打ち合わせでした。
現場の職人さんにとっては孫ほどの生徒さんです。
シャイな職人さん方も楽しみにしていますよ。

選んでもらった!

 ホームページをご覧頂いたお客さまより
 「色々と工房さんを検索して調べたのですが、
 吉江さんにお願いするのがいいと思い
 相談させていただきました。」
 と、とっても嬉しいお言葉をいただきました。
 ホームページの雰囲気か、代金の設定か・・・?
 とその要因はなにかと思いつつ、
 少々にやけながらも、
 お客さまにセレクトして頂いたことに、
 全力でお応えすべく、頑張ります!!!

ブログ始めました。

 いただいたお仕事の事例などをニュースでお知らせできるようになりました。